岡山県井原市の公式観光情報・観光案内サイト Ibara Tourist Information

井原市観光協会│岡山県井原市の観光情報・観光案内 Ibara Tourist Information


RSS

観光情報

 >  >   > 道祖渓

道祖渓(どうそけい)

道祖渓

小田川の支流雄神川が、黒い輝緑岩の台地である雄神台と雄宝台の間を深く削ってできた渓谷です。雄神川は永祥寺の南へ流れ出ています。
末広の滝、稚児の滝、竜門の滝、座禅岩、八畳岩、不動岩などの奇岩怪岩の間を流れる清流に、アカガシ、ヤブツバキ、ハナイカダなどの樹木が映えて、渓谷美をかもしだしています。
永祥寺の開山実峰良秀の徳を慕って集まった童子のなかに、道祖神の化身である稚児がいたという伝説から、昭和初期に道祖渓と命名されました。
その渓谷美は景勝地として世間に広められ、昭和30年7月19日に岡山県指定景勝地に指定されています。

【道祖渓は現在閉鎖しております。】
道祖渓は、平成30年7月豪雨の影響により崩落の危険があるため、現在閉鎖しております。閉鎖期間は現在のところ未定です。
皆さまの安全確保のため、ご理解下さいますようお願いいたします。

基本情報

所在地岡山県井原市西江原町才児
TEL0866-62-8850(問合せ先:井原市観光協会)

アクセス

地図の読み込み中です...
アクセス

【車】山陽自動車道笠岡ICより北へ40分

【電車】電車:井原鉄道井原線井原駅よりタクシーで20分

駐車場普通車7台