岡山県井原市の公式観光情報・観光案内サイト Ibara Tourist Information

井原市観光協会│岡山県井原市の観光情報・観光案内 Ibara Tourist Information


RSS

お知らせ :お知らせ

 >   > お知らせ

井原市観光デジタルマップ「魅力がギュギュッといばらナビ」運用開始ならびに参加事業者の募集について

(2021年02月25日)

井原市観光協会は、観光周遊促進事業として、ウィズコロナやアフターコロナ期における観光客や市民の井原市内での周遊を促し、飲食及び宿泊需要等の喚起につなげるべく、観光関連事業者を掲載した利便性の高いスマホ対応の井原市観光デジタルマップ「魅力がギュギュッといばらナビ」を整備いたしました。

魅力がギュギュッといばらナビ」は、現在地から近いスポットの確認はもちろん、ジャンルごとに検索して、スポットの情報や道順を表示することもできます。

ぜひ旅のお供としてご活用いただき、市内を巡っていただければと思います。

【魅力がギュギュッといばらナビ専用ページ】
 https://www.ibara-navi.com/

井原市観光デジタルマップ「魅力がギュギュッといばらナビ」運用開始ならびに参加事業者の募集について.jpg

※観光関連事業者様の登録申請(無料)につきましては、随時受付中です。登録をご希望される事業者様は以下をご確認ください。

【対象事業者】
 ・市内に店舗を有する飲食店、お土産店等の観光関連事業者
 ・「【別表】井原市観光周遊促進事業対象業種一覧表」に該当する事業者

【申請方法】
参加申込書兼誓約書(別紙様式)へ必要事項を記入し、実施要項に同意の上、郵送、メール、FAXによりお申し込みください。なお、複数店舗を有する事業者は店舗ごとにお申し込みください。

【問い合わせ・申請窓口】
井原市観光協会事務局(井原市定住観光課内)
 〒715-0014
 井原市七日市町10番地 井原市地場産業振興センター2階
 TEL:0866-62-8850
 FAX:0866-62-8853
 E-Mail:teijukanko@city.ibara.lg.jp

【各種様式】


2021年3月6日(土)「宙シドエール~謎解きシンフォニー」の開催について

(2021年02月18日)

2021年3月6日(土)「宙シドエール~謎解きシンフォニー」.jpg

クラシック音楽の新たな楽しみ方を提案する「クラシカエール(暮らし・変える)」プロジェクトの第4弾として、「宙」をテーマにしたコンサートが開催されます。
当コンサートはコンサートホール内でプラネタリウムを上映しながらオーケストラによるクラシック音楽を演奏するものであり、「視て」「聴いて」「遊んで」楽しめる内容となっております。クラシック音楽が初めての方やお子様連れでもお楽しみいただけ、コロナ禍の中でさまざまな挑戦を続ける方々、子育て支援や地方創生に取り組む方々を応援し、未来へのエールを送ります。
「天文王国おかやま」誘客促進協議会では当コンサートの趣旨に賛同し、宇宙をテーマとし、未来へエールを送る「宙シドエール」を応援しています。

2021年3月6日(土)「宙シドエール~謎解きシンフォニー」チラシ.jpg
⇒「2021年3月6日(土)宙シドエール~謎解きシンフォニー」のチラシはこちら

【開催日】2021年3月6日(土) 開場13:00 / 開演13:30

【会場】第一生命ホール(東京都中央区晴海1-8-9 晴海トリトンスクエア内)

【予定演目】
 ・はらかなこ作曲「超絶ジャポニズム」
 ・AIVA作曲「エールのためのシンフォニー#3 宙(そら)」
 ・ドヴォルザーク交響曲第2番「新世界より」2楽章
 ・シベリウス交響詩「フィランディア」
 ・ベートーベン交響曲 第7番イ長調作品92 など

【URL】https://classicaile.org/?utm_source=fl&utm_medium=br&utm_campaign=fl_br

※なお、当コンサートはオンライン配信(有料)でもお楽しみいただけます。
【配信サイト】https://musemo.tv/contents/40


田中美術館の新館建設に伴う長期休館のお知らせ

(2021年01月05日)

井原市立田中美術館は、新館建設工事に伴い下記のとおり長期休館します。
リニューアルオープンを是非楽しみにお待ちください。

■休館期間
2020(令和2)年12月28日~2023(令和5)年3月31日(予定)

■休館中のお問い合わせ先について
事務所が移転しております。
〒715-0019 岡山県井原市井原町311-1 井原市民会館内

※電話番号、FAX、メールともに変更なし
TEL:0866-62-8787
FAX:0866-62-9567
E-Mail:dencyu@city.ibara.lg.jp

井原市観光協会│岡山県井原市の観光情報・観光案内 Ibara Tourist Information


日本資本主義の父 渋沢栄一と井原の深い関わり

(2021年01月05日)

幕末から昭和初期にかけて、幕臣・官僚・実業家として活躍し、「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一が井原市と深い関わりがあることをご存知でしょうか。

渋沢栄一は、一橋家の家臣となり、慶応元年(1865年)春、農兵を集めるため、領地であった備中国西江原村(現岡山県井原市)を訪れました。
滞在中には、興譲館の館長であった阪谷朗廬と語り合い、親交を深め、農兵の募集では大成功をおさめ、15代将軍の慶喜に認められます。
まさに、井原は栄一にとって世に出るきっかけとなった地でした。

今年は渋沢栄一を主人公とした大河ドラマの放送が決定しています。
2024年度前半には新紙幣の1万円札の図柄への採用も予定されるなど、大変注目されています。
ぜひ、渋沢栄一ゆかりの地・井原を訪れて幕末の時代に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。
渋沢栄一と井原の関わりについて画像でご紹介します。

日本資本主義の父 渋沢栄一と井原の深い関わり-2.jpg
⇒画像を拡大

日本資本主義の父 渋沢栄一と井原の深い関わり-3.jpg
⇒画像を拡大

日本資本主義の父 渋沢栄一と井原の深い関わり-4.jpg
⇒画像を拡大

井原市観光協会│岡山県井原市の観光情報・観光案内 Ibara Tourist Information


大原美術館×井原鉄道「アート列車」クラウドファンディングで応援をお願いします。

(2020年10月30日)

井原鉄道株式会社では「新型コロナに負けず、アートと鉄道と旅を愛するすべての人に夢と元気を届けたい。」という思いから、大原美術館所蔵の名画で車両をラッピングした「アート列車」の導入を目指しています。
当該プロジェクトに係る資金についてはクラウドファンディングを活用することとしており、井原線沿線の新たな魅力となる「アート列車」の実現に向け、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

20201102_原美術館×井原鉄道「アート列車」クラウドファンディング.jpg
⇒「大原美術館×井原鉄道「アート列車」クラウドファンディング」チラシはこちら

【募集期間】2020年11月2日(月)から12月18日(金)

【実施団体】「大原美術館×井原鉄道」文化芸術振興実行委員会

(構成団体)井原鉄道株式会社、公益財団法人大原美術館、公益社団法人岡山県観光連盟、公益社団法人岡山県文化連盟、井原線沿線観光連盟

【問合せ先】0866-63-2677(「大原美術館×井原鉄道」文化芸術振興実行委員会事務局(井原鉄道株式会社内))
【URL】https://readyfor.jp/projects/ohara-ibarasen-arttrain(◆クラウドファンディングサイト「晴れ!フレ!岡山」)

井原市観光協会│岡山県井原市の観光情報・観光案内 Ibara Tourist Information



1  2  3  4  5  6  7